幼稚園の先生になる方法と収入について

幼稚園教師の勤務実態

幼稚園の先生の仕事は、決して楽な仕事ではありません。

 

幼稚園の先生の仕事は、14時くらいまでの仕事だから、
きっと残業もなく、楽なはずだ・・・というイメージを持っている人も
いるかもしれませんが、それは違います。

勤務時間

朝は子供達を向かえる準備をしたり、
園バスに添乗し、子どもを迎えに行く等します。

 

こういった仕事をする園では、出勤時間も早いです。

 

また、子どもの通常保育は14時ごろまでですが、
園バスに添乗して子どもを保護者のもとまで送ったり、
預かり保育で夕方までの保育をしたりします。

 

さらに、保育の記録や明日の保育の準備等の仕事もあります。

 

そのため、勤務時間内に仕事を終えることが出来るという日は少ないでしょう。

休暇

幼稚園教師は、子どもの夏休みや冬休みなどに、
まとまった休みが取れることが多いです。

 

しかし、一般的な職業と比べると、
特に幼児のクラス担任をしている場合は、
平日に年次休暇をとることが難しいので、
夏休みや冬休み等に取ることができるまとまった休暇を
リフレッシュ期間に当てることが出来るでしょう。

 

ですが、夏休みや冬休みの長期休暇は、
教師の研修や事務作業の仕事をする期間でもありますし、
最近は希望する家庭の子どもに対して保育を行なう園も増えています。

 

ですから、思っているほどは休暇は取れないという実態があります。

 

土曜日、日曜日、祝日は休みで、週休2日が一般的です。

 

土日等に運動会等の行事があった場合は、
月曜日等に振替休日になります。

 

幼稚園教師は、職場の性格上、病気などのやむをえない場合を除いて、
平日に休暇を録るのは難しいという現状があります。