幼稚園の先生になる方法と収入について

幼稚園教諭の養成期間の選び方

幼稚園教諭になるときの養成機関は、
自分にあったところを選ぶことが大切です。

 

幼稚園教員養成機関には、
「幼稚園教員養成課程を有する大学」、
「幼稚園教員養成課程を有する短期大学」、
「文部科学大臣の指定する教員養成機関(専門学校、養成所)」があります。

 

種類にも、専修、一種、二種があり、
養成年限も2年、3年、4年があります。

 

また、教員養成課程を有する学科の特色も
各養成機関に酔って異なり、保育士養成課程とセットで設置されている
保育者(幼稚園教諭及び保育士)養成を中心としている
保育学系や児童学系のところもありますし、
小学校教員養成課程なども行なわれている教員養成課程を中心とした教育学系、
心理学系、福祉系など、養成機関ごとに色々な特徴があります。

 

その課程も、1学年30名程度から数百名までさまざまな規模があります。

 

近年は、保護者支援、子育て支援、配慮を要する子どもや障害児の保育などに
対応することができる教師を養成する事を目的とした養成機関もあります。

 

このような特色をよく調べ、自分がどのような幼稚園教諭になりたいのか、
どのような分野を中心に学びたいのか、
どのような学び方をしたいのかを考え、養成機関を選ぶことが必要です。